AUG.6

IMG_4333.jpg

 

 

来春着工予定の二世帯住宅。プランニングから約4ヶ月ほど経ち、間取りの方向性が固まってきたところで1/100スケールの模型をもとに、構造的な施策、通風と採光の確認をする。

茶どころとして有名な狭山や入間は、各地に茶畑を有するロケーションが点在していて、この物件も南東の二方向を最高のランドスケープに囲まれている。近頃の異常気象の熱帯列島日本の気候を考えると、機密性や住宅性能だけではなく、本来の建築の形をよく知る必要がありそうだ。

そもそも、建築は建つ場所、環境に応じたものであるべきだし、建築を生かすのは周りの環境にある。ともすれば、この二方向のランドスケープのことを考えることで、建築の輪郭が決まってくるのかも知れない。

来週からは、国立のとある物販店の着工。様々な思案が交錯しなかなか寝付けない熱帯夜。

 

 

 

 

 

 




Weekly News 2016.08.06 Saturday

JUL.30

DSC_51759.JPG

 

 

昨年の今頃は、カルフォルニアで肌を焦がすような暑さの中にいたけれど、梅雨明けの関東地方は、さらに蒸し暑くて、照り返す日差しはジリジリと、自宅に生い茂る蔦や植物たちを森のようにいちじるしく成長させている。

今週は、国立の店舗設計に、吉祥寺の現場管理、来年に着工予定の新築の模型作りやプランニング、新商品の撮影、11月の展示会の説明会、気温に勝るとも劣らぬ暑い一週間。そして、明日の日曜日は入間の森を抜け茨城の海へ。

 

 

 

 




Weekly News 2016.07.30 Saturday

JUL.25

IMG_4255.JPG

 

電気の配線は、大工工事の合間合間で入れ込まなくていけなく、壁を貼っていってしまうと、やっかいなことになる。

吉祥寺の現場は、天井が構造体むきだし、床が土間モルタル金コテ仕上げと相まって、電気の配線の逃げるところがほとんどないということで、現場が始まる前からどうしようかと、なじみの電気屋さんと試行錯誤。そこ甲斐あって、ここまで順調。

現場もお盆明けまでに複数同時進行かつ、今日は大工さんが留守なので、インターフォンの納まり図の手紙を貼りつけ、次の現場の打ち合わせへと向かう曇りの日。

 

 

 

 




Weekly News 2016.07.25 Monday

JUN.10

DSC_4405.JPG

週のはじめにマティリアルサンプルを取り寄せる。
住宅の場合は、主に、外壁、屋根材、建具材、床板、天井材、家具に使う素材のディテールなど。
サンプルで確認し出すときりがないのだけれど、とくに床暖房などを用いるときは、床板をその都度、製材加工場から取り寄せる。今回は、施主の希望もありいままで使ったことのない床暖対応というパイン材。パイン材は松科の針葉樹だから、導管が多く足触りは柔らかいが、伸縮も大きい。反り止めが深くはいっているけどやや頼りないかも・・・
ということで、普段から床暖対応でよく使っている積層のオーク材、バーチ材、タモ材などの広葉樹とも比較検討。
天井材がパイン材なので、素材感を合わせるべきか、床暖に合った素材を選ぶべきか、デザインと機能の最終的な着地点を見いだす週末。ほかにも仕事山積みの6月。




 



Weekly News 2016.06.11 Saturday

MAY.30

DSC_3286.jpg

今週は吉祥寺の新築現場で基礎工事確認をしてから、スタッフみんなで来週からはじまるインテリアショウの準備、それと山口県でやっている現場の進捗と図面書き。
亡くなった親父に「お前はいろんなことができるけど器用貧乏だな」とよく小言を言われた。
まあ、確かに本業は建築士だけど、内装や家具を作る大工で独立してから、犬や猫に関する事業をやったり、カメラマンもやったり、代理店業もやったり、プロダクトデザインも、グラフィックも、ウェブデザインもやってる。そして、そのどれも、妥協ができないから、なかなか大きな金にもならなくて、なんてことの繰り返し。
やっぱり親父の小言にウソはない。
でも、こんな風にいろんな場面で出会う人たちがいるから、これからの自分の未来の土台を作っている。それだけは信じて仕事をしていたい。



 



Weekly News 2016.05.30 Monday

MAY.5


DSC_3273.jpg

GWの週は、半分は子供たちと遊んで、半分は自宅の修繕。
自分ちで、あれこれと納まりを確かめてみたり、実際に2年くらい使ってみて、おかしいところや是正すべきところや、軌道修正したものを、実施設計に落とし込む。
このテラスの屋根は、横からみると、ただの垂直水平に組んだ軸組工法の柱と桁。でも、外から見えない垂木で、水勾配をつける。それから、ポリカの平板も、どこまで緩やかな勾配にできるか実験中。
住みやすさとデザインの改善も、構造の修正もできる、自分ちは1/1スケールの建築実験室。で、ぼくにとっては最高の遊び場。
次は、仕事とかこつけて書斎を兼ねた外小屋を作るつもりだ。




 



Weekly News 2016.05.14 Saturday

APR.30

DSC_3062.jpg

リノベーション最終チェックと鍵引き渡しのため鎌倉へ。
この現場をはじめたのは昨年末のこと。納まりの問題や、デザインのこと、予算のこと、施工のことなど、たくさんの問題があった。やっぱり、本当に納得できるものを作るには、時間も予算も必要なもので、でも妥協はしたくないから、足りない分はペンキ塗りやタイル貼り、ちょっとした家具や収納、建具なんかを自分の手で作った。
昔、あるデザイナーから「自分でやっちゃダメよ、予算を出してもらうプランにしないと」と、言われたことがあるけど、ぼくの場合はどうしてもこうなっちゃう。
作るのは大変なことだけど、いつものことだからしょうがない。
なにより、時間をかかっても、根気よく付き合ってくれた施主と職人のみんなに感謝。




DSC_3077.jpg
DSC_2999.jpg
IMG_3568.jpg
DSC_3049.jpg
DSC_3041.jpg
DSC_3073.jpg
DSC_3036.jpg



 



Weekly News 2016.05.02 Monday

APR.22


DSC_2521.JPG


先週は鋼材サッシの打ち合わせと、鎌倉リフォーム現場の引き渡し。
今週のはじめの良き日に、新築住宅の地鎮祭。
住みたい街ランキングの首位を毎年独占するこの土地には、建ぺい率の厳しい条件はもとより、景観条例、高度地区としての斜線規制などなど、建築条件が盛りだくさん。それゆえお役所でも、書いた図面にも盛りだくさんダメだしをもらい、やっとのことで確認申請を通過して今日をむかえる。
地鎮祭は工事の安全を願い、建主は、この土地でのこれからの健やかな生活を願う。
ひとまず、設計士としては、建てはじめてからのダメだしはなしよ!と神様にお願いする友引の日。




 



Weekly News 2016.04.23 Saturday

APR.10





はけの道と呼ばれる国分寺崖線と、自然豊かな武蔵野公園付近。このあたりは、パン屋さんや、作家など、ものづくりやクリエイターが多くいるエリアで、実は昨年、僕は東小金井のアトリエテンポ(http://www.higako-place.jp/shop/atelier-tempo/)の新店舗で4組のクリエイターの空間デザインと、設計施工で関わらせてもらった。
普段は店舗設計はほとんどやらないのだけど、そのときは話していくうち、なんか近いような遠いような、ほどよい距離感で繋がった気がして仕事を引き受けた。
そんなこんなの縁で、このメンバーが中心となって運営している、はけのおいしい朝市(http://hakeichi.exblog.jp/)にも、僕らのお店もたまにお誘いをうけては参加している。
今回は年に1度の武蔵野公園、そしてなんと!記念すべき80回目の開催。
久しぶり会う面々やお客さん。青空の下、一眼レフ片手にぶらぶらと、力が抜ける心地よい距離感で、近況を交わす。
ゆっくりゆっくりと近くなる繋がり。こういう距離って大事だな、と改めて思ったそんな一日。

 



Weekly News 2016.04.10 Sunday

MAR.14



今週末3/19は、弊社のおとなりのguzuri珈琲店で行われる  guzuri sunny session vol.9 ( https://www.facebook.com/guzuri/?fref=ts )に参加します。
写真家 濱田英明さんと、デザイナー 山口アツシさんの額装フレームをはじめ、カルフォルニアのMe&Arrowのリネンウェア、オーストラリアONCE WAS LOSTのの天然草木染めのストール、Suno & Morrisonガラ紡バッグ、建築パーツ、犬や小さなお子様にも使用いただける消臭アイテムなど、暮らしにまつわる生活周りの物を販売をします。ぜひ、遊びにいらしてください。

 



Weekly News 2016.03.12 Saturday


Categories


Archives



Copyright © 2015 WE INC. KOJI MORI ARCHITECT OFFICE All Rights Reserved.